ケアプロスト

ケアプロスト通販で脱マツエク♥まつげ伸ばす効果や色素沈着の対策、上手な塗り方から最安値も紹介

ケアプロストはお得で効果抜群のまつげ美容液!ケアプロストのメリット

ケアプロスト

「鏡で自分のまつ毛を見るたびにため息が出ちゃう……」自身のまつ毛に頭を悩ませる女性は少なくありません。まつ毛が少し短かったり、細かったりするだけで、メイクをしてもイメージしたできあがりと違う顔になったり、悩みは尽きません……。

そんなどうしようもない困りごとを解決してくれるのがケアプロストです。ケアプロストを使えばまるでマツエクしたようなフサフサなまつ毛が手に入ります。使えば使うほど効果が目に見えて現れるので、どんどん楽しくなってきて手放せなくなりますよ!

マツエクに通うとなると、毎回多大な時間とお金を使う事になるでしょう。しかし、ケアプロストなら、自宅で簡単にケアすることができるので、時間とお金の節約にもなります。浮いたお金でメイク道具を購入したり、気になるお店で食事ができたり、お金が浮くのもメリットのひとつです。

時間の節約という点ではもう一つメリットがあります。それは面倒なつけまつ毛と格闘しなくても済むということです。つけまつ毛は自分でできる点ではすごく魅力的なアイテムですが、なんといってもつけにくくかなり手慣れた人や器用な人じゃないと莫大な時間を消費してしまいます。どうにかつけ終わったとホッとして、外出しても途中で取れてしまったりと苦労が絶えません。そんな面倒な手間を省くことがケアプロストには可能なんです。

ケアプロストで解決!まつ毛のお悩みチェック

ケアプロストを勧めたいのは、まつ毛にこんな悩みがある人です。

  • まつ毛が細すぎる
  • まつ毛の量が少なすぎる
  • まつ毛のメイクにこだわりがある
  • まつげエクステを卒業したい
  • つけまつげを卒業したい

まつ毛が細すぎる、量が少なすぎる等のまつ毛に関する不満を持っている人全般に使えます。まつ毛が細すぎると顔全体が貧相な印象になり、ビューラーやマスカラをどれだけ塗っても化粧映えしないイメージがついてまわります。量が少ないとどうしても目が小さく見えてしまって顔全体のバランスが整いません。そんな人にこそケアプロストはオススメです。

ケアプロストを使うことによって、これらの悩みが解消できちゃいます。気持ちがアガればモチベーションも上がって、仕事やプライベートが充実。好きな男性がいたり、付き合っている彼氏がいる女性の、もっともっと綺麗になりたい!という願望も叶えてくれます。ケアプロストで理想のまつ毛を手に入れることで、男性が手放せない女性になること間違いなしです。

メイクにこだわりがあって、自分の思うような顔になりたい場合もケアプロストを使う事で満足感が得られます。女性が抱えがちなまつ毛の悩みすべてを解決してくれるケアプロストは、まさに一度は使ってみたいアイテムです。

他にも普段まつ毛エクステやつけまつ毛を利用しているけれど、時間とお金が思いの他かかっているのでこれらを節約したい女性にもオススメです。

ケアプロストは通販が安い!最短最速はどこ?

ケアプロストの正規品を安く購入できる通販サイトがあります。

ケアプロストのような人気アイテムにありがちなのが、正規品か非正規品か、偽物が出回っている可能性があることです。残念ですが、楽天やAmazonでは、ケアプロストを取り扱っているショップはありません。メルカリやヤフオクなどにも出品はゼロ。また、近くにあるドラッグストアでも売られていることもありません。

ケアプロストを購入するのなら、あんしん通販マートやアイドラッグ、オランダ屋といった、海外の通販(個人輸入代行)サイトの利用が最適です。まつ毛の悩みを根本的に解決しようとすると、美容外科に通った上で、医師による処方せんが必要です。時間やお金のコストがかかってしまうため、通販サイトを利用するのがもっともコスパがいいでしょう。

通販サイトの中でも、一番安くケアプロストを入手できるのがオランダ屋です。

オランダ屋は老舗の通販サイトです。取り扱っているケアプロストは、成分鑑定された正規品。送料は1本でも無料なので得した気分になります。梱包も丁寧にされているので使うならケアプロストを購入するなら安心のルートです。また、ケアプロストをオランダ屋で買う場合にはまとめ買いがベストです。まとめ買いすることによって購入価格が安くなりますし、一度に購入することで「2本目も欲しい」と思った時に待つ必要がありません。

ケアプロストは病院で処方してもらえる?

ケアプロストの購入方法
ケアプロストの有効成分・ビマトプロストは、睫毛貧毛症の適応がある、医療用の成分です。

睫毛貧毛症とは、簡単に言ってしまえば、まつ毛が少ない、不足している状態です。まつげが少ない病気があるということに驚くかもしれませんが、睫毛貧毛症という疾患名や治療薬が存在します。

ケアプロストは、まつ毛を増やす(睫毛貧毛症)治療において病院での取り扱いがとても少なく、処方してもらえることがほとんどないのが実情です。そのため、まつ毛を増やしたいなら、病院以外から入手する必要があります。

ケアプロストの処方が難しい理由は、日本では睫毛貧毛症治療に承認されていないことが一番の理由です。「普段の生活の中では手に入らない商品」なので、入手のハードルが高いのです。

処方の条件が厳しいならともかく、取り扱う病院自体が非常に限られています。ケアプロストは病院では購入できないと捉えるのが無難です。インド製のケアプロストは日本で流通量が限られ、しかも病院が独自に判断して取り寄せたり取り扱っている状況です。未承認薬でも、医薬品なら病院で取り扱えますが、あえてインド製を選ぶ必要が少ないことから、元々取り扱わない病院の方が多数を占めます。

逆に、医師が患者さんのニーズに耳を傾け、輸入に抵抗がなかったり必要だと判断すれば、取り寄せてもらえる可能性はあります。しかし、そこまでして手間を掛けるのは疑問ですし、他の手段を検討した方が手間なくケアプロストが入手できると考えられます。

病院でケアプロストの処方が受けられないのは残念ですが、早々にこの事実を理解しておけば諦めて納得できます。

睫毛貧毛症の治療費は高額

睫毛貧毛症の治療費は、ルミガンという治療薬の処方だと5,000円前後が相場です。さらに初診料や検査費が加わります。初診の場合だと最低でも7,000円、病院によっては10,000円の負担が発生するでしょう。

グラッシュビスタという治療薬はもっと値段が高く、10,000円や20,000円の費用がかかるのはザラです。初診料などを合わせると最大で25,000円にもなりますから、覚悟して相談したり治療を受ける必要があります。

病院における治療費が高額なのは、保険適用外で全額自己負担なのと、初診料などがやや高めに設定されているのが理由です。

医療機関で診察や薬の処方が受けられる安心感や、副作用発生時の対応に期待できるメリットはあります。治療費を高いと思うか安いと感じるか、これは病院に対する睫毛貧毛症治療の期待と、得られる効果や結果などによって左右されます。

睫毛貧毛症の治療費は思いのほか高額です。また、状態の維持には治療の継続が不可欠です。ルミガンやグラッシュビスタはあくまでも対症療法的で、治療をやめるとやがて元に戻ってしまうからです。

治療継続の必要性を考慮すると、睫毛貧毛症の薬は低コストで入手して続けて使うことが大切なのです。

ケアプロストの正規品は通販で!

ケアプロストは、ルミガンやグラッシュビスタと同じ成分で作られています。ケアプロストの正規品は、通販で購入することが可能です。わざわざ病院で高額なルミガンやグラッシュビスタを買わなくても、安くて通販できるケアプロストが購入できます。

通販といっても楽天などの国内通販ではなく、海外から取り寄せます。個人輸入を行えば合法的に正規品が手に入ります。ケアプロストを通販すれば、病院処方よりも価格が安く、初診料などが発生しないため、コスト的なメリットが大きいのです。コストの負担が小さいので継続しやすく、睫毛貧毛症を長期的に改善し続けることが可能となります。

通販のポイントは、個人輸入代行会社のサービスを利用することによって、日本語のやり取りで商品の取り寄せができることです。

個人輸入代行サービスはあくまでも依頼に応じて提供されるので、購入先の選択や商品使用の責任は、依頼を行った本人にあります。個人で輸入を行うのに比べて、送料や手数料などの費用がほとんど発生しません。注文してから1週間ほどの短期間で、手元に届くのも魅力的です。

ケアプロストを通販で購入すると決めたら、あとは信頼できる販売者や個人輸入代行サービスを探すだけです。

ケアプロストの購入は、個人輸入代行サービスを活用することで、ハードルを下げることができます。購入にかかる手間やコストをできるだけ減らすことが、ケアプロスト自体を使い続けることにも繋がるのです。

ケアプロストの基本的な使い方

ケアプロストの使い方

ケアプロストの基本は、1日1回の使用で適量をまつげの根元に塗ることです。回数や量を増やしても結果はあまり変わらないので、沢山使えばただ単に無駄にしてしまう恐れがあります。

使用のタイミングは就寝前が狙い目で、洗顔とスキンケアを終えてからが理想的です。

手を洗って清潔にしたら、今度は色素の沈着を防ぐ為に、皮膚にワセリンを塗って保護します。ワセリンは安定性が高く人体に無害ですが、まつげに付着すると水分を弾いてしまうので、あくまでも皮膚だけに塗ります。

ケアプロストの塗り方の手順は、専用のアプリケーターに液を適量垂らし、まつげの根元部分に当てて塗りつけます。イメージ的には、目頭から目尻に向かってアイラインを引くような感じです。

アプリケーターには1滴だけで十分なので、垂れないように水平に持って先端に水滴を落とします。

ケアプロストをつけ過ぎたり垂れてしまった場合は、速やかにティッシュで拭き取りましょう。万が一目に入ったときは、水道水で良く洗い流すのが賢明です。

元々点眼薬なので安全ではありますが、眼圧を低下させる作用を持つので、目に入ったら洗い流すことが必要です。

これがケアプロストの基本的な使い方のポイントで、失敗せずに塗る方法となります。

ケアプロストを塗るときのアプリケーターや代用品の使い方

ケアプロストを塗るときは、専用のアプリケーターに液を1滴だけ垂らして、まつげの根元に塗るのがコツです。

専用アプリケーターが手元になく、代用品を使いたい場合は、いわゆる歯間ブラシや綿棒が活用できます。歯間ブラシはアプリケーターに近い形状なので、使い方や塗り方の基本は同じです。しかし、目が粗く皮膚に対する刺激性がありますから、線を引くよりも軽く押し当てるように馴染ませるのが良いでしょう。

綿棒は先端が柔らかくなっているので、歯間ブラシと比べれば皮膚を傷つける心配が小さいです。ところが、綿棒は吸水性が高いことから液を沢山使う必要が出てくるので、極細タイプの液を吸い込みにくいタイプが狙い目です。

後は適量を先端部分に取り出して、ケアプロストをまつげの根元に塗っていけば完了です。

これらの代用品に共通するのは、1回使ったら使い回しはしないで、その都度新しい物を取り出して使うことです。どちらもそれほど高くはありませんから、衛生面を考慮して使い捨てるのがベストです。

塗り方に対象の違いはあるものの、十分に代用品になるので、手元に専用品がなくて困っているときに有用です。ワセリンで皮膚を保護したり、つけ過ぎたら拭き取るのは共通点ですから、とても簡単にケアできます。

ケアプロストを使うときの注意点

ケアプロストを使うときの注意点は、育毛剤として使用する場合、目に入らないように気をつけることです。

眼病治療薬として使うなら問題ありませんが、まつげに使用するからには、目には入れないことが大切な要点となります。

コンタクトを着用している人は、一度取り外してからまつげに使用するのが無難です。仮にもしつけたままだと、レンズに傷を入れてしまう恐れがあるので、手間でも取り外すのが正解です。

メイクはケアプロストの浸透を妨げますから、こちらも洗顔して落として使用することが必要です。

一方、ケアプロストは上まつげに使用するもので、下まつげには使わないのが基本とされています。というのも、下まつげに使うと液が垂れてしまい、頬を伝って色素沈着が起こる原因になります。拭き取れば良い問題ですが、上まつげにつけた後にまばたきをすると、下まつげの根元にも行き届いて丁度良いです。
つまり、上まつげにだけつけてまばたきを行う、これで無駄なく使える使用量となるわけです。

アプリケーターは衛生が重要ですから、洗ったり使い回しをしないで使い終えたら捨てます。さらに、取り出すのは使用直前に限り、雑菌が接触する可能性を極力減らす必要があります。

ケアプロストには使用期限が設定されているので、開封から期限内に使い切ることもまた重要です。

ケアプロストのまつげ育毛剤としての効果

ケアプロストの効果

ケアプロストには、医学的に認められた、まつげ育毛剤としての効果があります。

ケアプロストにはビマトプロストが含まれて、ビマトプロストはまつげの成長を手助けしてくれる効果があります。海外で発売された商品なので、国内ではどれぐらいの効果があるのか、医薬品の添付文書やインタビューフォームなどは残されていません。

ケアプロストと同じく、ビマトプロストが含まれているグラッシュビスタの文書は残されていて、実際にまつ毛育毛剤として承認を受けています。ビマトプロストが使われた薬品を見てみると、使用することでまつげが増えたり伸びるなどの結果が出ています。

臨床試験を行っていて出た結果のため信頼できます。ケアプロストにも同様の効果があるので、まつげ育毛剤としての効果に期待が持てます。

インターネット上では実際に使用をした人のブログが多数あるので見てみるのも良いでしょう。ブログの一部では使用してからの過程が分かりやすく画像で表示されていて分かりやすいものが多いです。

使用する前と後での比較画像が載っていれば、どれだけケアプロストの効果があるのか分かります。もちろん効果が出るまでに個人差はあるので、かならずしも同じように自分もなるとは限りません。

ケアプロストは効果がない?

ケアプロストを使用しているひとのなかには、塗っていてもまつげが伸びない、効かないという人がいます。では原因はなんでしょうか?

ケアプロストそのものに効果がないというわけではありません。効果がないと感じた人は、まつ毛が生えてくるまでの期間を勘違いしているか、ケアプロストの塗り方を間違っている可能性があります。

ケアプロストには即効性はありません。使用してすぐにまつげが伸びることはまずなくて時間は掛かります。即効性ですぐに効果が出ると信じている人は、継続して使いながら様子を見ましょう。

伸びる前に塗ることを辞めてしまっては元も子もありません。塗るのを辞めても途中まで塗った分は伸びるのでは?と考えますが伸びません。効果を実感したい人は根気よく、効果が出るまで塗り続ける必要があります。

他に塗り方としてしっかり毛根に浸透させていない場合は効果が出ません。本来の使用方法としては付属している専用ブラシに付けて利用します。

専用ブラシではなく綿棒などで代用している人が居ます。綿棒は水分を吸収させる力が強いために、染みてしまいます。そうなるとまつ毛に付けた時は液が届かなくなるので効果が出なかったり弱くなります。

専用ブラシを利用するのが一番いいのですが、どうしても代用品が良いと言う人もいますよね。そういう人は水分が染みづらいものを利用するようにしましょう。

ケアプロストの効果が出るまでの期間は?

ケアプロストの効果が出るまでの期間は、どのくらいでしょうか?

まつ毛が伸びてくるまでの期間は、おおむね1か月から2か月程度です。個人差はあるので必ずしも1か月経ったら出るとは言えませんが、使用している人の平均で1か月から2か月で実感できます。

多くの人は1か月頃から急に伸びたり増えたと感じます。まつげ育毛剤の臨床試験に書かれているグラフでも、同様に1か月が過ぎた頃から急激に伸びたという結果があります。遅い人でも2か月頃から効果が現れてきています。なかなか効果が感じられないという人でも、まずは2か月間、塗り続けてみましょう。

ケアプロスト1本分の容量がちょうど1か月分のため、購入するときは2本は買っておくのがオススメです。もし1か月で伸びたという人でもまだまだ伸びる可能性があるため、2か月は試してみるのをオススメします。

ケアプロストを使いはじめるときに、目元の写真を撮影しておくと良いでしょう。

もともと効果を実感できたと言っても、実際に伸びる長さは1mmから2mm程度なので分かりづらいのです。使用する前に写真を撮っておくと、使用経過も含めて、どれぐらいケアプロストの効果が出たのか分かります。

ケアプロストに即効性はないので、1か月から2か月は使用しなければいけません。継続的に使用することで理想のまつげを手に入れることができるのです。

ケアプロストの副作用・色素沈着

ケアプロストの副作用
ケアプロストの副作用には、肌に変色が見られる色素沈着という症状があります。これはケアプロストがメラニン生成を活性化させ、色素沈着を引き起こすのが主なメカニズムです。

色素沈着とは、肌が外部的な刺激などを受けることで、ダメージから守る為に変色が発生するものです。そのため、目元に触れやすいケアプロストは、付着によってこの副作用が発生することがあります。ただ、誰もが副作用に悩まされるわけではなく、個人差があって割合的には3人に1人程度です。

万が一色素沈着が発生しても、ケアプロストの使用をやめれば次第に元に戻るので、この点は心配しなくても大丈夫でしょう。治らないわけではありませんが、やはり発生は未然に予防するのが得策ですし、優れた予防方法があるので活用するのがベストです。

手軽に予防する方法としては、ケアプロストの付着や色素沈着を避けたい部分に、ワセリンを薄く塗ってカバーするやり方です。

ワセリンは肌と馴染みが良く、一方では水分を弾く性質があるので、ケアプロストを遠ざけるのに有効です。他にも、厚紙などをまぶたに当てたり、付着してしまったらその都度拭き取るといった手もありますから、色素沈着の副作用を必要以上に怖がる必要はないのです。

ケアプロストのその他の副作用

ケアプロストの副作用には、色素沈着の他にも、充血や目のかゆみ、目がくぼんだり頭痛になったりするなど、複数の症状が確認されています。

充血は割と発症率が高く、約半数の45%近くの人達の間に起こります。原因は、ケアプロストが血管を拡張して血流の増加が起こり、結果として充血が表れます。

目のかゆみの発症率は10%弱で、メカニズムは明らかになっていませんが、血管拡張の刺激が原因だと考えられています。かゆみは予防方法がないものの、数時間の経過によって次第に落ち着きますが、我慢できない程ならケアプロストの使用中止が望ましいです。

目がくぼむような症状は、約2%の人に起こる副作用です。眼圧が下がり目の周りに影響することが、くぼんで見える原因となります。変化の度合いによっては、一重だった人が二重になるなど、見た目に大きな変化が発生します。ケアプロストが目に入るのを気をつければ防げますから、使用における注意を行うことが大切です。

頭痛も血管拡張によるものですが、発症率はとても低いので、とてもレアな副作用だといえるでしょう。

ケアプロストには失明の噂がありますが、これは誤解で間違った情報に基づくものです。過去に美容液が販売停止になり回収されたのが発端で、失明の噂が独り歩きする結果になっています。

ケアプロストを使って失明した人はいない

ケアプロストを使った経験がある人で、失明に至った人はいないのが実際のところです。

化粧品として販売されていた商品が、医薬品と同等の内容だったことで、回収に至ったケースがあるのは本当です。

米国食品医薬品局(FDA)は、ビマトプロストを使用することで、視神経損傷のリスクを高める可能性があるとは発表しています。この情報が、日本に伝わる段階で、何故か失明に至ると誤解が生じました。これがケアプロストによる失明の噂の真相で、過去に失明した人は存在しないのが事実です。

もちろん、医薬品のケアプロストには副作用のリスクがありますし、正しい用法用量や注意点を認識して使用することが不可欠です。

使い過ぎは良くないですし、眼圧を下げる影響が存在することから、目に持病や不安を抱えている人は、十分に注意して使用を検討することが必要です。目に入らないようにする、万が一入ってしまったら直ぐに洗い流すなど、ケアプロストを安全に使用するコツはいくつもあります。

しかし、目に入っても失明はしませんし、正しく使えば安全に悩みの解消に役立てることができます。発生してもせいぜい充血や目のかゆみといったところで、使用をやめれば次第に治まりますから、医薬品だと理解して使えば安心して怖がらずに使用可能です。